JAPANESE

キュルノンスキーとはCURNONSKY

モリス・エドモン・サイヤン Maurice-Edmond SAILLAND

 
 別名:キュルノンスキー (Curnonsky)
 食通の王(PRINCE DES GASTRONOMES)として有名


 1872年アンジェに生まれる。
 アンジェの聖モリーユ校で学び、パリで文学を専攻する。

 


 文学とジャーナリスムが盛んなりし頃。
 ルイ・バストゥールや作家のエミール・ゾラ、アルフォンヌ・アレー、コレット、
 ウィリーなどと出会う。

1900年〜1925年にかけて『ル・ジュルナル』紙と『ル・マタン』紙の記者として活躍。

また『美食の国、フランス』(28巻)、『アトラス・ドゥ・ラ・ガストロノミー・フランセーズ』(1938年)
『アンフォルチューヌ・デュ・ポ』(1946年)、『フランス料理とワイン』(1953年)、『フランスの地方料理』(1953年)
『文学と美食の思い出』など多くの小説と美食家向け書物を著わすほか、戯曲も6作ほど書いている。

1907年ミシュランの顧問となり、ドライバー向けガイドの編集に携わる。
現代では、ごく当たり前であるが旅と美食を結びつけた一人者である。

1908年3月2日、ビバンダム(BIBENDUM)というペンネームで、
運転手向けに『ル・ジュルナル』紙の「ミシュラン」コーナーと
『ラ・ヴィ・パリジェンヌ』紙の「グルメ欄」に記事を投稿。

1922年にフランス各地の美食をめぐる旅行をし、以降美食関係の著述に没頭する。
おおよそ10年間で65ほどの著書を残している。

1923年、サロン・ドートンヌに「第九芸術」という名のサロンができたが、キュルノンスキーが
パリの食通が集うこのサロンの食事を10年間にわたって仕切った。

『パリ・ソワール』紙の編集者の発案で、1927年5月16日投票によって
キュルノンスキーが 「食通の王(PRINCE DES GASTRONMES)」 に選ばれた。

1928年には、「会食者の王(ROI DES CONVIVES)」 になり、
同年『美食アカデミー(ACADEMIE DES GASTRONMES)』を設立。

現在のような食に関するガイドブック、新聞紙上のグルメコーナーを確立した創始者として知られるようになる。

1952年80才のとき、80軒の有名レストランが彼を自分のレストランに招待。
これらのレストランは、彼のために特別席をいつもキープし、
その席に『食通の王であり、フランス料理の擁護者であり、すぐれた描写者であり、
そしてこのレストランの名誉賓客であるキュルノンスキーこと、エドモン・サイヤン氏
』と記したプレートをつけていた。

1956年7月22日パリにて84才で死去。


後世に受け継がれる彼の功績

彼の業績を不滅にするために、美食アカデミーの後援のもと、

1953年4月29日に「モリス・サイヤン、レ・ザミ・ドゥ・キュルノンスキー」

が設立された。会長はヴァンサン・プレル、アンドレ・プリナと引き継がれ、

1985年からは国立科学研究所研究部長であり元国会議員であった

ミッシェル・シィが務めている。

パリの17区には、「キュルノンスキー通り」と名づけられた道がある。

また1994年3月24日よりソミュールのホテル学校内部にキュルノンスキーの

博物館もできた。

レ・ザミ・ドゥ・キュルノンスキーでは、毎年大規模な晩餐会を催している。

その際に配られるリモージュ製の皿にはメニューとキュルノンスキーの肖像が印刷されている。

また別の晩餐会も新しいレストラン紹介のために開かれる。




事務局
〒102-0074 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F KSフロア  TEL:03-3779-9214 FAX:050-3730-5926